自在館に、新しいお風呂ができました。

IMG_6324
 
「うえの湯」の奥に、新しいお風呂ができました。
その名も「奥の湯」です。
こちらのお風呂の完成に伴い、洗い場(シャワー&カラン)が増えたので、
男女入れ替えが、シンプルに1日交替となりました。
じ~っくり、ゆ~っくり長湯して、細胞から健康になってくださいませ。
ESC_4833

自在館読本

こんばんわ、若旦那です
自在館には各お部屋に自在館読本という手書きの本があります。
全ページ、主人の手書きでございます。
はい、暇なのでございます(笑)
それはさておき、せっかくですので一部ご紹介しますね〜
自在館 読本 表紙
自在館 読本②
自在館 読本①
ちなみにこのご老人、守右エ門(もりえもん)じいさんと言って、自在館の屋号なのでございます。
屋号に関してはこちらを→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8B%E5%8F%B7
自在館は宿としては400年前からやっておりますが、
湯治、自在館という名前があったかは定かではありません。
おそらく、「もりえもんの宿」やらそんな感じで呼ばれていたのではないでしょうか。
宿に着きましたら、まずは自在館読本で宿らしさを感じていただければと思います^^

思いっきり休もう

Blog おもいっきり休もう.001
こんばんわ、若旦那です^^
いやあ、もうなんやかんやと年末を迎えてしまいますね〜
1年てあっという間・・・・年をとるごとにそう感じる若旦那30歳手前の冬でございます(笑)
さてさて、年間ということで、皆様そろっと(そろそろ)自分へのご褒美をあげる時期ではないですか??
日本人は先進国の中でもワーカホリックと言われるほど、仕事熱心な国です。
ワーカホリック自体が良いか、悪いか、それはひとそれぞれ、仕事に対する価値観だと思いますので是非は問いませんが、
日本人がたくさん働いているということは事実です。
だから思うのです、もっと思いっきり、休んでもいいんだ、と!
たくさん働いた分、思いっきり休んでほしい。
心と体の静養をしっかりとって欲しい。
やっぱり、人生長いですから、ちゃんと休まないと、いい人生は遅れません。
物理的にそうなっているんですから!
栃尾又温泉のお宿は、そういう一生懸命にお仕事されている皆さんが、思いっきり休める場所でありたいと思います。
ストレス社会と言われる現代。
一人になりたいこともあるでしょう。
なんにもしたくない日もあるでしょう。
余計なことは一切しない、シンプルに温泉に浸れる当時場所。この原点を忘れずにいきたいと思います^^