休んでいいんだ、そしたらまた、頑張ろう

「休む」=「よくないこと」だと、勝手に思い込んでいませんか?

日本では昔から、「休む」ことをあまりポジティブに捉えない傾向があります。

イメージしてください。Facebookやインスタグラムで、ダラダラと家ですごしている画像や、昼寝をしている動画、見たことありますか?

あまり見たことありませんよね?(赤ちゃんやペットがスヤスヤ寝ているのは見たことありますが)

人々にとって、「休む」っていうことは、積極的に共有したい対象ではないことだと認識されているように思うのです。ウチの父親なんかはまさにそうです。「休む」とは絶対に言いません。「〇〇に行ってくる」「ちょっと出てくる」と言って、サボっています。「休む」というのは、あまり胸を張って言ってはいけないと思い込んでいるようです。

私は、「休む」ことは、「活動する」ことと同じくらい、あるいはそれ以上に大切なことだと思っています。

私たち人類の体の構造は基本的に約20万年とほぼ変わっていません。

しかし、情報量は比較にならないレベルで違います。

江戸時代の1年分の情報量、現代人は1日で脳に送っているそうです。

例えるならば、ファミコンで、PS4のゲームしようとしているようなものです。

現代人の疲れはほとんどがストレスによる「脳疲労」だといわれています。病気ではないが、体の調子がおかしいというのは、ほとんどが「脳疲労」の症状なのです。脳が情報を処理しきれず、疲労が蓄積し、自律神経系が乱れた結果睡眠不足や、頭痛などの症状が引き起こされます。

ファミコンとPS4はやや言い過ぎですが、初代iPhoneで現在のアプリを数個同時起動したらフリーズした。と考えてください。

そうしないためには、バックグラウンドのアプリを消してあげる、整理してあげる必要があります。今、私たち現代人には、そういう時間が圧倒的に足りないのです。常にアプリも起動しっぱなし、電源オフにもしない。耐え切れず弊害がでても不思議ではありません。

だから、休む、脳を休める、あるいは整理する時間を作ってあげる。こういった自分自身を整える時間をとることはとても大切なことなのです。

私たちの提案するのは「良い静養」の一つとしての湯治。↓詳細はこちらへ

https://www.jizaikan.jp/index.html

余談です

この動画は、高校生のスタッフが作ってくれました。若干17才。将来は絵を描く仕事に就きたいと、バイト代をはたいて10万年以上するiPadproを買ったそうです。

実は彼女にとって初めての、絵描きとしてのお仕事。若い人には負けていられません。そして、こうやって宿のことを表現してくれる若手がいることを、ありがたく思います。

ああ、旅館やっててよかった。

タイトルは、「休んでいいんだ、そしたらまた、頑張ろう」頑張る時は頑張る、一生懸命やる時は一生懸命やる、そして、休む時も、じっくり休む。休むことも、何かをすることと同じくらい、大切だ。

私達は、良いお休みを求める人のための、応援団だと改めて思いました。

自在館で長岡花火参加のご予約をお受けしない理由

何卒、ご理解よろしくお願い申し上げます。

若旦那です。自在館では長岡花火ご参加のお客様のご予約をお受けしておりません。

宿として、お客様に必要とされることはとても光栄なことと思います、私共もお断りするのは大変心苦しいのですが、湯治宿として大切なものを守るため、下記の理由がございます。

湯治静養を目的としたお客様にしっかりとおやすみいただくための方針でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。

・長岡花火後のご来館はどうしても、夜間0:00を過ぎてしまうため、皆様お休みになっている時間になります。

・山の小さな湯治宿です。夜間のお車の音などは、大変響いてしまいお休みのお客様の妨げになってしまいます。

・また、夜間のご案内に関しても館内が騒がしくなってしまうため、静養のお客様がゆっくりお休みになる妨げになります。

上記のことから、長岡花火ご利用のお客様のご予約をお受けしておりません。湯治静養の宿であり、ゆっくりと休みたい方が訪れる宿です。何卒、ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

泊食分離制について考えてみる

インバウンドと泊食分離についての記事を、ここ数年は多く見かけます。

日本では泊食分離料金はホテル以外ではあまり採用されておらず、もっと推進していこうよ。

という傾向にあるようです。

「泊食が全て含まれた、日本の旅館の料金体系はナンセンス 」という、ちょっと強めのご意見もあるようです。

その主な理由としては、自分の旅館でお金を落としてもらうための日本旅館の悪い風習である。というものが主な理由のようです。

確かに、バブル絶頂の大型ホテル旅館なんかでは、そういった考え方のホテルや旅館もあったのかもしれませんが、

少なくとも、そういった理由で泊食含料金で経営を行っているお宿は少ないと思います。

宿屋を営む人間として、私の意見は

「泊食分離料金も、泊食含料金も、どちらも場所や文化を考慮して選択すべきで、どちらが良い悪いではない」

例えばですが、近くに食べるところが何もない山宿であれば、泊食分離には向かないケースが多いと思います。

街まで降りて、飲んで帰ればタクシー代や代行代金がかかります。これは、お客様にとってマイナスになりえます。

 ※うちの宿屋なんかはこれですね。といっても、湯治宿ですので素泊まりもお受けしてますが、割合は圧倒的に少ないです。

出るか出ないかわからない食材を抱えてしまうと、逆にお客様にとって割高な値段設定をせざるを得ない状況になってしまいます。

それならば、仕入れ状況を予測しやすい泊食含まれた料金体系のほうが、結果的にお客様にも宿にとっても望ましい選択だと思います。

なによりも、そういう人里離れた環境の中で、培われた郷土食自体を楽しみに来られる方が圧倒的に多いはずです。

 「観光のついでに泊まる」のではなく、「旅の目的が宿での時間」

逆に、市街地に近く利便性の高い立地のホテルや旅館。こちらは泊食分離を選択した方が、お客様に喜ばれるケースが多いと思います。ホテルにとっても、レストラン部門自体が他社との競争のなかで、切磋琢磨する環境が醸成されやすいことでしょう。

逆に、この場合は食事を含んだ料金だと、お客様に選択の窮屈さを与えるかもしれません。

また、絶対にこのホテルのシェフの料理が食べたいんだと、お客様に選んでいただく。そのためにある程度、在庫予測できたほうが、単価も下げられ、お客様に喜んでいただける。という方針が、あっても良い思います。

結局は、宿屋やホテルの主人がどんな宿を目指し、どんなお客様に喜んでいただきたいのか、ということに尽きると思うのです。

料金体系はその一部分に過ぎません。

どれが善で、どれが悪かではなく。

どちらもあっていい。

逆に、旅慣れすればするほど、その土地土地の風習や慣例、伝統にも興味を持つ方がたくさんいらっしゃいます。

「日本は宿泊料金の中に食事代も含まれてるんだって」

「へ~、珍しいね、今度はそっちに行ってみよう」

と、日本への入門旅行を済ませた方が、数回目にはそういう選択をされるようになるかもしれません。

そんな時に、日本固有の様式を残してる宿があったら、面白いと思うのです。

例えば、韓国旅行に初めて行った時にはとりあえず雑誌で有名な韓国料理屋に行ってみます。

たぶん大体、観光客を歓迎しているところなので、海外の方に馴染んでもらえる為の味付け。日本語喋れるスタッフもいる。便利で、入門には最適です。※国内旅行なら各地方の道の駅とかにあたる感覚。

でも、2回目、3回目となると、観光向けではなく、やっぱりもっと本格的な、地元の人が通われるお店なんかに行ってみたい。

当然、日本語表記なんてない。味付けも、地元仕様です。海外の人なんて知ったこっちゃない。

でも、そういうのが食べたいなと思うんです。

それと同じようなことが、今後この業界でも起こってくると思います。

日本は高度経済成長の時期に「建てろや建てろ」

と、大型ホテルをたくさん乱立しました。

そのときはきっとこんな感じでしょう。

「古臭い旅館やホテルなんて誰も来ないよ、海外を見てごらんよ。豪華な大型ホテルがたくさんある。これが世界基準なんですよ。さぁ、日本の宿屋の皆さん、どんどん大型ホテル化しましょうよ。観光バスもたくさん来ますよ。」

この顛末は、昨今の旅館情勢を見ればわかると思います。

時代に沿うことはもちろん大切です。

流行りや廃りがあって当然です。

ですが、時代へどのように自分の宿やホテルを添わせていくかは、違っていい。

各事業所で、いろんな選択肢があっていいと思います。

そして、その価値観を、しっかりお客様に伝えるのが我々の仕事です。

その一つの選択肢に、泊職分離があるだけのこと。

日本固有の文化なのであれば、それもまた選択の楽しみとして残っていて良いと思います。

また逆に、泊職分離の宿があってもよいと思います。

どちらも、良いと思うのです。

そこに、各経営者、主人のどんな想いがあるのか。それにつきます。

ここ数年の泊職分離の話題について、私はそう考えます。