Loading...

自在館について

JIZAIKAN Report
Home / 旅のプロ 自在館を語る

新潟県・栃尾又温泉にある「自在館」は、知る人ぞ知る、山間の秘湯。

観自在菩薩の名からつけられた屋号「自在館」

の行き止まりに、「自在館」を含め、3軒の宿が寄り添うように静かに佇んでいる。栃尾又温泉の手前にある大湯温泉は、奥只見ダム工事(1954年着工~1961年完成)の折は、歓楽温 泉地として大いに賑わった。そんな中でも、8世紀前半の奈良時代(養老年間)に開湯したという、1250年以上の歴史ある栃尾又温 泉は、時代の流れに迎合することなく、現代に繋がっている。
その栃尾又温泉の中で、“本家”の扱いを受けているのが、ここ「自在館」。湯治宿としては、江戸時代初頭のあたりの慶長年間(1596~1615年)に創業したと伝えられている。宿としても、400年の歴史があるという事だ。創業当時は「守右衛門(もりえもん)」という屋号で営んでいたらしいが、江戸時代末期に湯治に訪れた 旅の尼僧により、般若心経の冒頭に書かれている観自在菩薩の名から 「自在館」とするように勧められた事で現在の屋号となった。ちなみに、観自在菩薩とは、よく言われる観音様(観音菩薩)のこと。この宿のシンボルとして、パンフレットなどでイラストにもなっている。

尾又温泉は、湯治場の面影をいまだに残す温泉地。古より、交通手段がない時代から、ここの温泉を目当てに人々が訪れた。 カラダの不調がなくなった、病気が治った・・・ といった、今でいうクチコミ によって、この温泉地は知られてきた。 科学の進歩によって、その泉質がラジウム泉(放射能泉)である事が分かると、さらに病気根治のための客も増えるようになった。

最近では、湯治という言葉も見直されるようになり、以前のような3週間以上の長期滞在ではなく、2泊3日や3泊4日といった、短期湯治が人気となっている。
それでは、いい湯治場とは?何なのか検証してみたい。

源泉湯宿を守る会 第一に、当たり前だが本物の温泉、療養泉であること。
第二に、その温泉が、循環などせず、かけ流し(放流式)になっていること。
第三に、温泉を浴用だけでなく、飲用もできること。
第四に、静かな環境の場所であること。 できれば、観光地化されていない山間部などリラックスできるところがいい。
第五に、長期滞在が可能なリーズナブルな料金体系の宿であること。

いかがだろうか。この5つの条件、に見事すべて当てはまっているのが、ここ「自在館」なのである。
今、「自在館」は、ガンなど重大な病気を抱えている人たちも訪れてはいるが、それでも全体の3%ほど。3割は、この宿が「日本秘湯を守る会」に加盟している事もあり、いわゆる秘湯温泉ファンの方。 そして、大半のお客は、この「自在館」の温泉、料理、雰囲気など、この宿ならではの存在価値に惹かれ て、保養と観光を兼ねて訪れているようだ。

日本秘湯を守る会 ご夫婦やカップルには、渓流沿いの貸切露天風呂がある。ぬる湯で本格的な長湯を体験したい人には、「霊泉 したの湯」がある。
とにかく、今の状況をリセットしたい、 リフレッシュしたい人には、最高の自然の環境がある。

そして、忘れてならないのは、料理。山の宿ならではの、素朴な献立ではあるが、ひとつひとつが懐かしく、心がこもっている。
なかでも、常連客が絶賛するのが「岩魚の炭火焼」。炭火でじっくりと焼き上げるので骨までいただける。清流で育っているので、川魚特有の臭みもない。
全国に岩魚を提供する宿は数あれど、私はこの宿の炭火焼をナンバーワン!にあげたい。


史のある湯宿であるゆえ、数々の伝承も残っている。 前述の温泉の効能などもそうだが、ここの温泉は、古くから「子宝の湯」としても崇められていた。 その証拠に、宿の裏手にある「栃尾又薬師堂」には、子授け祈願の小さなキューピー人形と同じくらい子供を授かったという、お礼参りのキューピー人形が奉納されている。 この堂を囲むように、樹齢400年を超えるという根元が2つに分かれて胎内くぐりができる「夫婦欅」 や、天然記念物に指定された「子持杉」などが聳え立っており、パワースポットとしても知る人ぞ知る存在。なんとも言葉では表現できない、スピリチュアルな空気が漂っていた。


「自在館」は、今風にお洒落にデザインされた客室があるわけではない。洗練された、最先端の料理が出るわけでもない。しかし、ここには、長い年月をかけて辿り着いた、老舗ブランドのような、大人の雰囲気がある。それは、最近できたような宿には、絶対マネのできないものなのだ。 だからこそ、400年以上も続いている。その奥深さを備える「自在館」は、400年前の人たちにも、現代人にとっても必要だからこそ生き残っている。超ロングセラーの神髄を、ぜひ体感していただきたい。


はじめてのお客様へ
※ご予約の前に必ずお読みください※

私達は静養を主眼とする湯治のお宿です。
なかなか、たくさんのご要望にはお応えできないと、自覚しております。
宿の形、人の在り方も十人十色、違いがあって当然、良し悪しはないと考えます。
なので、私たちの得意なこと、不得意なことを、正直に綴ります。

お客様の大切なお時間が、より良いものになりますよう、
ご一読賜れば幸いにございます。

スタッフイラスト

新型コロナウィルス対策

ただいま自在館では、新型コロナウィルス対策を徹底しています。ご予約前にお読みいただき、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

例えば、チェックイン時に検温を行っております。発熱(37.5℃以上)が確認された場合、魚沼市の保健所に対応をご相談させて頂きます。※魚沼市では、ご帰宅を推奨しております。

自在館の新型コロナウィルス対策
じっくり入浴

ぬるいラジウム温泉に、じっくり入浴する、現代湯治のお宿です。

休むことに主眼をおいております故、宴会宴席は出来かねます。
館内は、お静かにお過ごしいただきますようお願いします。

特に、夜間20:00頃からはいずれのお部屋でもお静かにお過ごしください。
お子様連れの場合、親御様がしっかりとご指導をお願いします。
大浴場は小学生以上のお子様とさせていただきます。
4名様以上のご予約の場合、幹事様より皆様へ当館の趣旨をお伝えいただくよう、お願いのご連絡をさせて頂く場合がございます。

貸切風呂
山の先住民(虫や小動物達)

いわゆる一般的な日本旅館のような、手厚い接客サービスはございません。

私達の目指すサービスは「ちょうどよいほったらかし感」です。
「至れり尽くせりのおもてなし」を御所望のお客様には不向きな私達です。

現代に沿う丁度よい現代湯治を模索しています。

昔ながらの自炊しながら、お安く泊まれる湯治宿を御所望の方にも不向きです。

山中の秘湯です。どうしても、山の先住民(虫や小動物達)がおりますので、苦手な方には不向きな環境です。

お子様のお食事について

大人の方と同じメニューからご用意させていただきます。
※大人向けの辛さや苦み等のあるものは付けないようにしております。アレルギーなどがある方は事前にご相談ください。

自在館へのご予約は、公式HPまたは秘湯を守る会からのインターネット予約が一番お得です。

日本秘湯を守る会限定特典

お問い合わせ

TEL
025-795-2211

お電話受付9:00~17:00

メディア掲載・取材のお申し込みや、
人事・採用に関するお問い合わせは、
担当:若旦那 星宗兵 まで。
Email
メールでのお問い合わせ
※メールでのご予約は受け付けておりません。
FAQ
よくある質問
※お問合せの前にこちらもご参考ください。
FAX
025-795-2511
Address
〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉