栃尾又温泉は「観光」ではなく「湯治」をする温泉地です

おはようございます^^
若旦那です。
栃尾又温泉、そして自在館というものをしっかりお伝えすることが我々の使命ですが、まだまだだな〜と、思うこともしばしば・・・・・orz
それは「観光旅館」と「湯治旅館」を混在されてしまうことです。
温泉の楽しみかたも様々、人それぞれだと思います。
スクリーンショット 2014-11-21 9.46.50
もちろん、人間ですからロボットみたいに、
どちらか100%ということは、ほとんどないと思います。
ちょっと極端な表現ですので、失礼もあるかと思いますが、
自在館は「湯治をするお宿」です。
ぬるい温泉に1日6時間程度は入っていただきたいお宿です。
温泉旅館にいったけど結局30分くらいしか入っていなかった。
こうゆうことはよくあります。それはそれでいいのです。
仲間と、家族と、温泉に入るということ以外の大切な時間を過ごされているのですから。
ただ栃尾又温泉は、自在館は違います。「お風呂に少しでも長く、入っていただきたい、湯治をしていただきたい」のです。
そのために、お宿のサービスも考えています。
湯守の配置もしています。
私たちは「過ごしやすい湯治環境」をお手頃価格で提供したい。と考えています。
ですので、「湯治」以外の目的でお泊まりを考えていらっしゃるお客様には、
少々物足りなく感じるかもしれません。自在館はそういうお宿でございます。
 
余分なものをできるだけそぎ落とし、「湯治」に集中できる。
そういうお宿を目指し、今日も精進しております^^

自在館のは「お料理」よりも「ごはん」を目指したいと思っています

こんばんわ、若旦那です
今日も冷える1日でしたね~
さて、今日は自在館の食事についてです^^
自在館は「お料理」ではなく「ごはん」を目指したい。最近は改めて強く思うようになりました!
自在館の原点は今も昔も湯治宿
どう転んでも、主役は「ラジウム温泉」なのです。
そして、ラジウム温泉での湯治を最大限に楽しんで頂けるように、
お宿も、スタッフも、お食事も、館内設備も、もう一度見直しをしております。
湯治 画像
そんな中で、やっぱりお食事は、
「健康の為に、バランスよく、しっかり食べれる」
「おいしいお米をたくさん食べれる」
感覚として「お料理」よりも、安心して食べれる「ごはん」をお出ししたい。
あくまで感覚、イメージです(笑)
 
温泉を最大現に楽しんでいただけるように、シンプルにシンプルに、磨いていきたいと思います^^
自在館でおしゃれなお料理は一切出てきませんので(笑)
それよりも、湯治と相性のよい、身体が元気になる、安心して食べれるごはんをお出ししていきます^^