私は私、あなたはあなた、人それぞれの幸せがある

若旦那です。

少し前に、中学校の社会科授業?にて地元の小・中学生に「働く」というテーマでお話をする機会をいただきました。あ、主人(社長)がです。そこで、どんな話をして来たんだ?と訪ねた時の話です。

要約すると、こんな感じです。

「好きなことや、楽しいことができるのはとても素晴らしいことです。でも、人生で、そうじゃない時だって沢山あるし、なかなか見つからない人だって沢山いると思います。そんな時は、どんな小さなことでも人から任されたこと、お願いされたこと、人が望んでくれることに、誇りを持って取り組んでください。好きじゃない、楽しくないかもしれないこと、でもあなたにとってはそんなことでも、必ず、助かっている人がいる。直接は言えないけど、ありがとう、と思っている人がいる。それはとても幸せなことだと、私は思う。そして、もしかしたらそれが好きなことになるかもしれない。何が良くて、何が惡いなんていうことはない。だから、目の前の自分の環境に、一生懸命向き合うこと。これが大切だと思います。」

え、偉そうなことを!!!

と、聞いた時は思いました、、、、が、自分でもそうだよな〜と、納得してしまいました。

 

実は現在、SNSが若者の成長に悪影響かもしれない。という調査が進められています。

※あくまで捉え方の問題です。要は使い方、触れる人々の考え方の問題ではあります。SNS自体が悪いとは私は思いません。

参考記事 https://www.bbc.com/japanese/39972594

 

私達は沢山の情報に日々触れています。そして、今現在では主にSNSを中心に、というか日本人の若者のほぼ9割は、Instagram、facebook、twitter、Lineのアプリから情報に触れています。

そこでは、圧倒的に「楽しそうな」「幸せそうな」投稿であふれていて、あまりネガティブな投稿は挙げられません。

この環境は、「自分はそんなに毎日楽しくない、、、、みんなはあんなに楽しそう。幸せそうだ・・・・」という孤独感や、孤立感、焦燥感を感じさせてしまう、一つの原因になっているそうなのです。

自分自身も、例外ではないなと思います。なんとなーくスマホを眺めていて、「あー、いいなー、楽しそうだなー」と、なんとなーく思っている自分がいます。

現代社会は急速に便利に、効率的になっています。毎日毎日、新しいテクノロジーが生まれて、目まぐるしく変わっていっている。そうです。山の中にいるともう、よくわかりません。笑

今を生きる人達が、幸せに生きるために、幸せの価値観は決して一つではないし、幸せなんてのは、人それぞれ全然違うんだよってことを、自分はもちろん、そして子供達にも伝えて行かなければと、思いました。

湯治宿の湯守として、こういう社会の休憩所でもありたいです。

 

 

 

新社会人を迎える皆さんへ 「一生懸命働くことと同じくらい、一生懸命休む」

こんにちは、若旦那です。
「おいおい、これから頑張り盛りの若者に、あんまり休めとか言うなよ!」と、どこかで怒られそうなタイトルつけてしまいました・・・・笑
ですが、頑張ってしまう若者だからこそ、あえて、申し上げたいことがあります。
先日東京方面への出張があったのですが、この時期になると真新しいスーツに身を包み内定者研修なのか、はたまた面接なのか、新社会人への準備を始める若者を多く見かけます(^ ^)
私も、そういう時期、、、、、ありました。笑
 
新社会人の皆さんには、これからたくさんの素晴らしい未来が待ち受けていることでしょう。ああ、若い・・・・笑
そんな新社会人の皆さんに、若旦那から伝えたいことがあります。
 

「自分の体を大切に、ばっちり休養をとってください」

 
これだけ。
本当に、これだけ。
 
皆さん一生懸命働かれることと思います。特に日本人は働き過ぎと言われるほど、仕事熱心。だからこそ、だからこそ、しっかり休む習慣を大事にしていただきたい。
 
社会に出れば様々な仕事があり、多種多様な働き方があります。
そして、働き方にも様々な考え方があります。
その一つ、一つに、どれが良い、悪いというのはもちろんありません。
どう働きたいか、どう生きたいか。それが、自分に合うかどうかですし、
結局のところ、自分自身がどの生き方を選ぶかどうかです。
 
私は、人間の心も体も、消耗するものであると考えています。
有形のものは、ほぼ例外なく、使用すれば消耗します。
自分では疲れていないと感じていても、体や脳には疲労がたまります。
脳が疲労すれば、ものの見え方もネガティブになります。
ネガティブなものの見方は、ネガティブな考え方につながります。
どんどん、どんどん、悪い方向へいってしまう。
 
「上手くいかない、上手くいっていないのに、休んでいられない。もっと頑張らなきゃ・・・・・・・」
気持ちも、体も焦り、追い詰められていく・・・・・・
 
これ、わりと起こっていることだと思います。
更に、いまはSNSがあります。
SNSは基本的に、良い状態のことが発信される傾向が強いと思いますので、周りと比較し、更に心が焦っていく。。。。。。。
 
はい、これ、書いていて思いました。
若旦那の20代前半の話じゃないか!と。笑
 
新社会人の皆さん、
「あ、今自分疲れているな〜」と思ったら、ちゃんと休んでください。
自分のことを、自分が一番大切にしてあげてください。
もちろん、人生踏ん張らなければいかんときはたくさんあります。
でもその前に、心も体もボロボロになってしまってはいけません。
誰も責任をとってくれません。
だから、疲れたら、しっかり休む。
 
私も、自在館も、休みたい人を応援します。
休んでいい。休んでいいんです。
みんな、一生懸命生きている、だから、ちゃんと休む必要があるんです。
 
そんなことを思っている、若旦那と自在館でした(^ ^)