Loading...

現代湯治とは?

JIZAIKAN TOUJI
Home / 現代湯治とは?

カラダだけでなく、ココロも治す現代湯治

現代湯治とは?

現代湯治という言葉が、最近よく聞かれるようになってきた。少し前までは「湯治」というと、農家のおじいちゃん、おばあちゃんが、冬の農閑 期を利用して、カラダのどこか悪いところを治しに、温泉場に自 炊で長期滞在するイメージがあった。もちろん、そのようなことは昔と比べれば減ってきてはいるが、 日本全国の湯治旅館は、この現代でも生き残っている。広辞苑によると、湯治とは「温泉に浴して病気を治療すること」 とある。 しかし、最近の傾向として、どうみても病気治療ではない人達、特に女性を中心に若い人たちが湯治場に訪れている。カラダの 不調も多少あるだろうが、若い人たちにとっては、精神的な安定、リラックス効果を狙って滞在している人が多いという。そもそも「湯治」とは、その名の通り、温泉でカラダの悪いところ を治すところから来た言葉。そして、現代の「湯治」には、カラダ だけでなく、ココロも治す意味が含まれているのだ。

旅がもたらす「転地効果」

旅にはもともと「転地効果」というものが あり、日常の生活環境を変えることにより、リフレッシュすることができ、さらには温泉 浴によって「癒し効果」も期待できる。そして、これも最近聞くようになった「未病」という言葉の意味は、「病気になっていな い」状態だが、「いつ病気になってもおかし くない」状態という意味もある。つまり、現代人には、血圧が心配だとか、胃腸の調子が悪いとか、ストレスが蓄積さ れているとか、「未病」の人たちが多いの も事実。 そんな人たちには「湯治」は、非常に有効なのである。温泉に浸かることで、温熱、水圧、浮力効果などが、さまざまな刺激がカラダに伝わる。それによって、血液の流れが活発になって新陳代謝がよくなる。デトックス効果も表れ、結果、免疫力を強めることができるわけだ。つまり、昔の農閑期の湯治というスタイルから、現代版は、ストレスや生活習慣病対策としての湯治スタイル に変わりつつあるようだ。

「湯あたり」しにくい泉質

その昔「湯治」と言えば、1週間の滞在が基本で、それを「一廻り」と呼び、「三廻り」、つまり3週間 (21日間)に渡る温泉浴の滞在が、体調を正常に戻すとされた。現代医学でも、ヒトの生体サイクルが7日間という事も分かり、理に適っていたという事なのだ。初日から3日目までは1日2~3回の入浴をし、湯あたりをおこしやすい4日目で入浴を休むか、1回にし、 5日目から7日目まで、1日2~3回のペースに戻すというのが、ポピュラーなようだ。「三日七廻り」(3週間)という考え方の湯治場もある。しかし、現代に生きる私たちにとっては、3週間も「湯治」をするのは仕事を持っている人ならば困難な話。ところが、ここ栃尾又温泉の「自在館」は少し違う。36℃という、ぬる湯という事もあるだろうが、湯あたりしにくい泉質のようだ。館主の星さんに聞いても、お客さんで湯あたりしたという人を、聞いたことないというから本当だろう。 湯治で気を付けなければならないのは、体調の管理。熱すぎる温泉は、無用に心臓や体に負担をかけ、重大な病気を引き起こす可能性がある。心筋梗塞などで、風呂場で倒れる高齢者のニュースをよく耳にするが、それは熱いお湯に入っていた場合 がほとんど。ここ「自在館」の「ぬる湯」での湯治は、そんな心配はない。


「プチ湯治」で未病対策

現代では、温泉旅行と言えば、どちらかと言えば、療養的な意味合い よりも、観光、もしくはちょっとした骨休め的な1泊2日のスタイルが主流。7日以上の長期滞在など、仕事を持っている人であれば難しい話。そこで、最近になって「プチ湯治」という言葉をよく聞くようになった。それは、二泊三日か、三泊四日の滞在による小型湯治。都会で働いている人たちの、肉体的な疲労はもちろん、精神的なストレスを取るための「湯治」。そして、「未病」の人たちのための免疫力アップのための「湯治」。ということで、「自在館」では、現代湯治のスタイルを提唱している。



自在館へのご予約は、お電話かインターネットでの直接予約が一番お得です。

お問い合わせ

TEL
025-795-2211

お電話受付9:00~18:00

FAX
025-795-2511
Email
メールでのお問い合わせ
※メールでのご予約は受け付けておりません。
Address
〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉
Open the map
Close the map