Loading...

ラジウム温泉の泉質・適応症

Onsen
Home / ラジウム温泉の泉質・適応症

健康を気にするならラジウム温泉

旧泉質名:放射能泉

単純放射能温泉

低張性 アルカリ性 温泉

源泉:①栃尾又一号 ②自在館一号 ※源泉100%かけ流し

源泉から湯舟
までの距離:
①霊泉「したの湯」…湯舟の真下
②貸切&男女別内風呂「たぬきの湯」「うさぎの湯」…約30~40m

湧出温度:①35.4℃ ②28.5℃

pH値:①8.6(アルカリ性) ②7.9(弱アルカリ性)

ラドン含有量:①185×10-10Ci/kg(50.9マッヘ) ②131×10-10Ci/kg(35.9マッヘ)

見た目は無色透明で、何ら普通の温泉のような「ラジウム温泉」ですが、実はその薬効パワーは凄く「万病の湯」と言われています。温泉や空気中に含まれるラドンが細胞を活性化して免疫力アップ(アンチエイジング)、新陳代謝もアップしデトックス効果も期待できます。 また、36℃の湯に1~2時間入る栃尾又温泉の伝統的な入浴法は、ぬる湯に長時間浸かる事で自律神経が副交感神経に切り替わり、体の緊張がほぐれ、細胞の修復がはじまります。
そして、温泉がじっくりゆっくりやさしく作用してくれるので、小さなお子様からご年配の方まで、安心してご入浴いただく事ができます。

適応症
筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり (関節リウマチ、 変形性関節症、 腰痛症、 神経痛、 五十肩、 打撲、捻挫などの慢性期)、 運動麻痺における筋肉のこわばり、 冷え性、 末梢循環障害、 胃腸機能の低下 (胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、 軽症高血圧、 耐糖能異常 (糖尿病)、 軽い高コレステロール血症、 軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、 自律神経不安定症、 ストレスによる諸症状 (睡眠障害、 うつ状態など)、 病後回復期、 疲労回復、 健康増進
ホルミシス効果とは?
適度のラドンによる刺激は、新陳代謝を促し、人間の免疫力 や自然治癒力に寄与すると考えられています。これを「ホルミシス効果」と呼び、国内では鳥取の三朝温泉 などをはじめ数か所で研究が進められています。放射能線が湧出する温泉地で、その温泉を日常的に使用している住民のガン発生率が、全国平均よりも相当低いというデータがあります。
ラジウム泉は「万病の湯」
放射能泉ならではの浴用の適応症として、動脈硬化症、痛風、胆石症、慢性胆 のう炎、慢性婦人病、慢性皮膚病とある。飲用としても、痛風、胆石症、慢性胆のう炎、慢性消化器病などがあげられる。適応症に、痛風があるのは、放射能泉 だけだ。さらに、神経痛、リウマチ、神経麻痺、 自律神経過敏状態にも、効果を発揮します。その薬効パワーは他の泉質と比べても、幅広く「万病の湯」と言われています。
伝承による効能「子宝の湯」
「自在館」のぬる湯の温泉は、現代の温泉分析表だけで表現しきれるものではありません。開湯より1250年もの長い間、人々に支持されてきた、古くから伝わる、いわゆる伝承による温泉の効能というものがあります。「自在館」の温泉は、卵巣、睾丸など生殖器の機能を高めるとも言われ、今では「子宝の湯」として全国的に有名になった。利尿作用もあるため、尿路慢性炎症や痛風・糖尿病にもいいといいます。最近では、軽度のアトピー性皮膚炎にもいいと評判です。pH8.6のアルカリ性の湯が皮膚の古い角質層や皮脂を除去します。
ラジウム泉は健康対策の切り札
放射能泉に含まれるラドンは、細胞を刺激し、活性化させ、カラダの内部の老廃物などを外に排出する作用を促すデトックス効果が見込め、生活習慣病を心配されている方にも、うってつけの温泉です。ラジウム泉は、免疫力を増強し、自然治癒力を高め、そして精神的に落ち着く作用もあります。肉体的にも、精神的にもケアしてくれる温泉です。

ぬる湯のラジウム温泉で
デトックス&アンチエイジング

自在館へのご予約は、お電話かインターネットでの直接予約が一番お得です。

お問い合わせ

TEL
025-795-2211

お電話受付9:00~18:00

FAX
025-795-2511
Email
メールでのお問い合わせ
※メールでのご予約は受け付けておりません。
Address
〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉
Open the map
Close the map