自在館流  湯治料理の考え方

自在館での湯治スタイルとしては、3泊4日〜1週間程度が最近一番多い滞在期間です。
もちろん1ヶ月以上、お泊まりの方もいらっしゃいます。
したがって、お食事は、1コースだけ毎日繰り返し、季節毎にメニュー変更という訳にはいきません。
泊食分離で、近場に食べに行ければ良いですが、山宿の立地上そういう訳にも行きません。
なので、自在館のお食事は、和洋折衷、日により折々です。
毎日、食べても疲れないように、シンプルな料理に一手間かけて。

 
 
 

一人旅ブームですが、「ウチは昔から お一人様大歓迎の宿です!」と、叫びたい

みなさんこんばんは、若旦那です。
お客様から当館をお選びいただいた理由で、「温泉の質」などに続き上位にランクインするのが、
「お一人様専用のお部屋がある」

ということ。週末お一人様ですと断られるお宿が多い様です。
※宿それぞれのコンセプトがありますので、良し悪しということではないです。誤解のないよう一応※
自在館は湯治宿です。したがって、もともとお一人様でのご宿泊が多い宿です。週末でも、なんでも、お受けしています。
そして昨今の一人旅ブーム。特に平日はお一人様専用ルームから埋まります。
全30部屋のうち8部屋が【お一人様専用】部屋。だいたい3分の1がお一人様専用です。
(内4部屋は和室ベットルーム)
更に、ご夫婦でも「寝る部屋は別々がいいの!」
という、宿泊スタイルも増えてきています。
お一人様専用ルームを増やそうかな・・・・、なんてことも考えているような、考えていない様な、今日この頃。