心と体をしっかり整えるために、副交感神経を機能させる

こんにちは、若旦那の星です。
現代人は副交感神経を機能させる時間が少なくなってきている。
というお話を前回しました。
 
数字的なデータがあるわけではないので、予想の域を出ませんが。
おおよそハズレてはいないはず。
 
さて、要は副交感神経をしっかりと使ってあげれば、消耗された体も心も元の状態に戻りやすくなる。ということ。
 
しかし、ここで厄介なのが、自律神経は自分の意思ではどうにもならない。
ということです。
 
おお、なんてこった。。。。
 
でも、大丈夫です。自分の意思では動かせなくても、副交感神経に切り替えることはできます。しかも、そんなに難しことではありません。
 
①昼寝をする
②昼寝でなくても目をつむってボーッとする
③ぬるめのお風呂に長時間入る(38度以下の低温浴)
④マッサージを受ける、または自分で揉み解す
⑤ストレッチをする
⑥お茶等の温かいドリンクをゆっくり飲んでほっこりする
※熱すぎたり、
 
日常生活でありえそうなのは、こんなところでしょうか。
一般的に「眠る」「休息」「リラックス」を連想させる行為は、ほぼ副交感神経へと働きを切り替えてくれます。
基本的には、筋肉を弛緩させ血流をよくする行為や、熱すぎない温度で体を温める行為は、副交感神経を働かせてくれる傾向があります。
マッサージを受けていて「気持ちいいな〜」と感じる瞬間はもう、スイッチが切り替わり始めていますね。
 
あとは、休む時間だと決めたら、スマートフォンとPCには触れないこと。
今やスマートフォンとPCなしの生活は我々にはありえないことです。
若旦那もスマホなしの人生なんて、もはやありえません!!!
無理!!!笑
しかし、暇があれば触れている状況では、私たちの体は一向に休めません。
※厳密に言えば私たちの「神経は休めません」ですが。
 
「私の体の神経たちよ!!さあ!休みたまへ!」
と、ダラダラしたり、昼寝したり、ボーッとしたり、お風呂に入ったりしてください(^ ^)自分の体と、神経達を、気遣ってあげてください。
そうすれば、体の神経達が
「よっしゃ!めっちゃ頑張って修復しちゃうぜ!」
 
と、私たちの体を勝手にメンテナンスしてくれますから。
お薬を飲んだりするのもまた一つの道ですが。
 
まずはしっかり、自分自身の体を大切に休ませてあげましょうね(^ ^)
一生懸命頑張るために、一生懸命休みましょう。
 
 
 
 
 

交感神経と副交換神経

おはようございます。若旦那です(^ ^)
今回は自律神経についての続きです。
 
自律神経が2種類に分かれることは、先日のブログにも書きました。「交感神経」「副交感神経」です。人間の自律神経は基本的に、この2つの神経が交互に働き体のバランスを保っています。大まかに分ければ、行動しているときの神経と、体が休んでいるときの神経です。

「交感神経」とは、
・活動をしているとき
・緊張をしているとき
・ストレスを感じているとき    
に、働く神経。
体の各機関が緊張し、血圧が高くなり血流も促進され、体の各機関が行動する準備をします。
「副交感神経」とは、
・休養しているとき
・眠っているとき
・リラックスしているとき
に、働く神経。
体の各機関が弛緩し、血圧も緩やかになります。体の各機関が休養をとる準備をします。
 
「交感神経」が働いている際には、体を消耗します。
「副交換神経」が働いている際には、身体を修復します。
※どちらにせよ、エネルギーは使います
 
そして、この2つの自律神経は自分の意識では残念ながらコントロールできません。ある一定の行動や外部からの刺激によってのみ機能するようになっています。
 
 
また、「交換神経」に関してはどうも強弱と、心地よいか心地悪いか、という違いもあるそうです。
例えば、気の合う友達と楽しいおしゃべりをしている時は、心地の良く感じ、体への負担もストレスも少ないケース。
反対に、嫌いな上司と会社で3時間会議をするなんて時は、心地よくもなく、ストレスも強く感じるケース。
 
本来、人間はこの2つの自律神経がバランスを交互に保ちながら生活しています。こんな感じで↓

このバランスが崩れたとき、身体の調子がおかしくなるわけですね。
 
今日はここまで。次回はさらに、交感神経と副交換神経について書いてみますね(^ ^)
 

自律神経について

こんにちは、若旦那です。
湯治だけでなく、健康を良好な状態に保つためにも是非知っておきたい。
「自律神経」について、書こうと思います。
 
この自律神経とは、簡単に申し上げれば
「自分の意思ではどうにも出来ない、自動的に動く体の大切な神経」です。
 
医学的には、もっと長い説明になると思うのですが、ざっ捉えるとこんな感じです。
そして、自律神経にも2種類あり、これが「交感神経」と「副交感神経」です。

 
反対に自分の意思で動かせたり、感じたりできるものは体性神経と言います。
例えば、運動を司る運動神経や、見たり触ったり温度を感じたりする知覚神経です。これは自分の感覚的になんとかできるものなので、わりと対処しやすいと言われていますし、異常を自分でも感じやすいです。
痛い!と感じたり、筋肉痛で体が動きづらくなったり。
これはわかりやすいですね。
 
自律神経は、自分ではどうにもできない要素が多々あります。
例えば、
「眠くなれっっっっつ!!!!」
と、念じても眠くなりませんよね。笑
 
あとは、スポーツなどをするときに
「うわぁ、緊張して手汗やべえな。。。。。緊張よ!止まれっつつつつつ!!!!」
と、念じてもそう都合よく緊張はとけません。
 
なんとな〜く、お分りいただけたかと思います。
 
なので、「自律神経失調症」という病は、この自律神経が正常に機能してくれない状態のことを言います。例えば、緊張しなくていい場面で、なぜか心臓がばくばくしたり、急に手汗を描いたり、はたまた、ふと急激な眠気に襲われたり。。。。
 
自分でどうにかできないからこそ、気にしておきたいのが自律神経。
次回は、自律神経をさらに細かく「交感神経」「副交感神経」について書きたいと思います。