pH、ペーハーって何だ? 初級編

・温泉分析表のpHってなんの数値でしょう

・温泉がアルカリ性か、酸性かを示す指標です

・高ければいい!と、いうわけではありません

・数値が高いほど「アルカリ性が強い

・数値が低いほど「酸性」が強い

・0ー14の数値で示される

・0は強酸性、14は強アルカリ性、8前後は中性

・基本的に入浴可能な温泉は8の中性から前後3〜4程度

・強酸性も強アルカリ性もどちらも性質は違えど、溶けたり、タンパク質が分解します

・アルカリ性の温泉は石鹸と似たようなクレンジング効果がある、ヌルヌルは皮膚の油が分離する際のもの

・酸性の温泉は殺菌作用があり、ヌルヌルは皮膚が少し溶けるから ・どっちがいいということではありません

と、いうお話です.

栃尾又ラジウム温泉 自在館のホームページ→http://www.jizaikan.jp/

季節の最新情報はこちら→https://www.facebook.com/jizaikan2211/

ラジウム温泉について→https://www.youtube.com/channel/UCMZE…

温泉に入ると、なぜ健康になるのか? 浮力効果

浮力効果

 温泉に入るとたくさんの良いことがあります。その一つが「浮力効果」浮力効果とは、温泉の浮力によって、重力により体にかかっている負荷が軽減される効果のこと。簡単な計算ですが、一般的な浴槽の深さですと、浴槽内では通じょの体重の9/1程度になります。70kgの方ですと8kg程度。めちゃくちゃ軽い。

 各関節たちは、この重さから解放される訳ですから、それはもう極楽極楽。関節達は大喜びです。また、それを支える筋肉達も、ゆっくりと休息を取ることが出来ます。さらに、関節痛や慢性的な筋肉のこわばりなどを感じている場合は、その痛みが軽減され、脳のストレスも緩和され心にもゆとりをもたらしてくれます。

入浴の効果「温熱効果」「静水圧効果」「浮力効果」のうち「浮力効果」についての説明でした。

温泉に入ると、なぜ健康になるのか? 静水圧効果

静水圧効果

 温泉に入ると、たくさんの良いことがあります。その一つが「静水圧効果」というもの、「静水圧作用」とも呼ばれます。ホルミシス効果や温熱効果もそうですが、過度な水圧は弊害になりますが、適度な心地良い水圧は体に恩恵を齎してくれます。

 静水圧効果とは、適度な水圧で血管が圧迫されることにより、ポンプの役割を果たします。結果的に血液やリンパの循環を促してくれる効果のことです。特に、下半身、足は心臓から遠く、又、心臓よりも下にあります。重力の影響を受け、血流やリンパが一番流れ戻るのに圧を必要とするのが足先です。静水圧効果によって、足先の血液やリンパの流れが促進されやすくなります。

 血液は、体内で必要な様々な栄養素を運ぶ運搬係です。血流が促進されることで、体中に必要なものが運ばれやすい状態になります。また、血液には老廃物を排出する役割も担っているので、新陳代謝も活発になります。体にとって、嬉しいことずくめなのです。

 入浴の効果には「温熱効果」「静水圧効果」「浮力効果」の大きく3つがありますが、「静水圧効果」について簡単にまとめさせていただきました。