ストレスって・・・・なんだ?

こんにちは、若旦那の星です。今日はストレスについて。

ストレスって、なんだ?

「ストレスを感じる」「ストレスが溜まってるな」多くの人が感じたことのあることだと思います。

では、ストレスって、何ですか?

ストレスを詳しく説明してください。と、問われて、説明できる人はおそらく少ないと思います。案外知られていない、ストレスの正体。体の不調の大半がストレスが原因とされる現代社会。このストレスの正体を正しく認識することが、体の調子を整えることとても大切な役割を果たします。

ストレスの定義

ストレスの定義はカナダの生理学者ハンスさんが定めました。

「寒冷、外傷、疾病、精神的緊張などが原因になって、体内に起こる非特異的な防御反応」を、ストレスと呼びます。

 

ストレス=「外部からの刺激」+「それから体を守ろうとする働き」

もうちょっと。掘り下げます。

人間の体には外部からの刺激(ストレッサーと呼びます)から体内の機能を維持するための、ホメオスタシス(恒常性の維持)という機能が備わっています。恒常性とは体の機能を一定に保つ働きのことを指します。

外部からの刺激(ストレッサー)とは、温度、気圧や水圧、有害物質、病気、時間や対人関係による緊張のなどがあります。

ホメオスタシスとは、ストレッサーから体を守ろうとする働き。簡単な例としては、暑い、と感じたら汗を掻き体温を下げようとします。寒いと感じたら、汗腺を閉じ放熱を抑えたりします

そして、これらの作用を全てひっくるめて、「ストレス」または、「ストレス状態」「ストレス反応」と呼びます。

 

ストレスってなに?

 

ストレスを知り、ストレスと共に生きる

私達は、生きていくうえで、ストレスとは決して離れることはできません。全く感じないとしたら、もうそれは新人類でしょう。笑

したがって、私達はストレスの原因を知り、ストレスとの付き合い方を学ばなければなりません。身体的に直接影響を与えるものから、精神的なものまで、ストレッサーは世の中に満ち溢れています。自分自身の状態と、それらの要因を認知し、ストレス過多な状態になる前に、自分自身のメンテナンスをすることが重要だと考えます。

そして、面白いのは、このストレス、人によって感じ方が様々なのも、また面白いところ。Aさんにとっては、ものすごくストレスに感じるストレッサーも、Bさんにとっては全然平気、むしろ心地よい!なんてこともあるのですから。

認識の違い、考え方の違いで、体に対する反応が変わるというのです。人間って、面白いですよね。笑

次回は、ストレスについてパート2。ストレスと上手に付き合うために。

 

 

 

副交感神経が機能しずらい現代人

おはようございます。若旦那の星です。
さて、前回の続きです。
前回までは、自律神経交感神経、副交感神経について書いてきました。
 
世の中便利になり、暮らしも豊かになっているはずなのですが、体調の優れなかったり、精神的に疲れてしまったという方は多いと思います。
その一つの原因が副交感神経が上手く機能していないことだと考えます。
更に厳密に言うと、副交感神経を機能させる時間が少なくなった。ということ。
 
例えば、身近なこととして、電車移動を思い出してください。
みなさん、何してます?そう、スマホ、弄りますよね。
あんまり、ボーッと座ってることありませんよね。
家に帰っても、テレビか、スマホか、パソコンか、
寝るまでに数時間は見てますよね。
そう、現代人は家に帰っても、本当に忙しいのです。笑
 
テレビはまだ、一方的に見るだけなのですが、スマホ、パソコンは、指先での操作があるため脳はどんどん活動モードになります。そう、交感神経が働きます。ブルーライトが知覚神経を刺激しますから、体はお休みモードに入りズラいです。
また、社会問題にもなっていますが、残業や、休日出社といったことも一つの要因だと思います。
 
副交換神経の働く時間が短くなると、血流が悪くなり筋肉も硬くなります。筋肉が硬くなると、ますます血流が悪くなります。血の巡りが悪くなり肩首が痛くなったり、目が疲れたり、めまいがしたり、立ちくらみがしたり、体の機能が低下し、どんどん悪いループに陥っていきます。
 
たぶん、これ、皆様ほとんど経験のある症状かと思います。
慢性的な疲れや倦怠感、肩首のコリ。
 
体をきちんと休養させられていないことが原因です。
病は気から、とは言いますが。
身体の調子が悪くては、気分も落ち込んでしまいますね。
 
では、どんなことをすれば副交換神経を働かせることができるのでしょうか。
次回はそんなことを考えて生きたいと思います。

交感神経と副交換神経

おはようございます。若旦那です(^ ^)
今回は自律神経についての続きです。
 
自律神経が2種類に分かれることは、先日のブログにも書きました。「交感神経」「副交感神経」です。人間の自律神経は基本的に、この2つの神経が交互に働き体のバランスを保っています。大まかに分ければ、行動しているときの神経と、体が休んでいるときの神経です。

「交感神経」とは、
・活動をしているとき
・緊張をしているとき
・ストレスを感じているとき    
に、働く神経。
体の各機関が緊張し、血圧が高くなり血流も促進され、体の各機関が行動する準備をします。
「副交感神経」とは、
・休養しているとき
・眠っているとき
・リラックスしているとき
に、働く神経。
体の各機関が弛緩し、血圧も緩やかになります。体の各機関が休養をとる準備をします。
 
「交感神経」が働いている際には、体を消耗します。
「副交換神経」が働いている際には、身体を修復します。
※どちらにせよ、エネルギーは使います
 
そして、この2つの自律神経は自分の意識では残念ながらコントロールできません。ある一定の行動や外部からの刺激によってのみ機能するようになっています。
 
 
また、「交換神経」に関してはどうも強弱と、心地よいか心地悪いか、という違いもあるそうです。
例えば、気の合う友達と楽しいおしゃべりをしている時は、心地の良く感じ、体への負担もストレスも少ないケース。
反対に、嫌いな上司と会社で3時間会議をするなんて時は、心地よくもなく、ストレスも強く感じるケース。
 
本来、人間はこの2つの自律神経がバランスを交互に保ちながら生活しています。こんな感じで↓

このバランスが崩れたとき、身体の調子がおかしくなるわけですね。
 
今日はここまで。次回はさらに、交感神経と副交換神経について書いてみますね(^ ^)