放射能泉(ラジウム温泉)は、入りすぎると体に悪いのか?

おはようございます!
お客様からの質問シリーズ、温泉に関してです^^
「放射能線ということは、入りすぎると体によくないんでしょうか?」
スクリーンショット 2015-03-23 9.40.11
この質問、あるある質問トップ10に入りますね〜^^
結論から申し上げますが、

「栃尾又のラジウム温泉は、例え、1000時間以上入浴しても、全く問題ありません。」

と、いいますのも、
栃尾又のラジウム温泉はだいだい250時間入って、レントゲン1枚撮った場合の放射線量と同じ
だ、そうです。
レントゲン1枚がだいたい、0,5〜1マイクロシーベルト
と、いう放射線量です。
検査の際には、だいたい3〜4枚くらいレントゲンとりますよね?
1000時間入浴してもそれくらいの量だということです。
わかりやすい図がありましたので、参考までに^^
放射線量 図
 
放射能の問題は東日本大地震以降、また以前からもデリケートな深刻な問題ではありますが、
適度な放射線の服用は体にとってはとても良いことなのです。
そのことをホルミシス効果、と申しまして、学術的にも発表されております。
それに関しては、次回のブログにて^^
それでは皆様、よい一日を〜
 
↓こちらのサイトも是非ご参考に^^
http://www.shinene.com/hormesis/effect/
 

春が、、、春が来ました

 
 
 
 
 
 
おはようございます^^
いや〜、やっと春が来たって感じがします今日この頃。
玄関先にて、いつの間にかフキノトウが達が顔を出しました!
これを見ると「春」って感じがしますねよね〜!
最近では雪解けの間から顔をみせる土の香りもしてきて、
山も春の準備を初めております^^
暖かくなってくると、また湯治にぴったりの季節です。
東京からもお車でアクセスしやすくなりますので、皆様どうぞ春の栃尾又においで下さいませ〜!
IMG_5051
IMG_5054 IMG_5055 IMG_5056

ラジウム温泉って、都内の銭湯とかでも たまに見かけますが、実際どんな温泉ですか?

おはようございます、今日はよくお客様からご質問いただくことを^^
「ラジウム温泉って、都内の銭湯とかでもたまに見かけますが、実際どんな温泉ですか?」
と、こういった内容です。
確かに、都内の銭湯や、郊外のスーパー銭湯でもたまに見かけます。
「ラジウム泉」
って、たしかに書いてあります。。。。。
まず、そもそも「ラジウム」ってなに???
って、ことなんですが、「ラジウム」というのは、金属です。正確には土類金属、というらしいです。
ラジウム石
なので、ラジウム温泉はその金属の名前がついた温泉なのです。
しかし、ラジウム温泉は、温泉の中にラジウムが入っているわけではないのです。
ラジウムについては、過去記事にて・・・・・
スクリーンショット 2015-03-20 10.12.07
と、いうことなんです。わかりづらくてすみません・・・・・orz
温泉に入浴中はラドン、という物質に変化しています。
なので、我々は気化したラドンを吸引して体に取り込んでいるのですね〜。
ラジウム温泉、よりも「ラドン温泉」と言ったほうがいいかもしれませんし、そう謳っているところもあります。
 
また、ラジウム温泉が自然湧出以外で作れるといってネットなどで販売されていますが、
そちらに関しては、効果なしと、NHKでも報道されています。
NHKニュース ラドン
 
こちらは独立行政法人国民生活センターさんのHPからです。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20100421_1.html
なので、やっぱり自然湧出の温泉は貴重なのですね〜