自在館のは「お料理」よりも「ごはん」を目指したいと思っています

こんばんわ、若旦那です
今日も冷える1日でしたね~
さて、今日は自在館の食事についてです^^
自在館は「お料理」ではなく「ごはん」を目指したい。最近は改めて強く思うようになりました!
自在館の原点は今も昔も湯治宿
どう転んでも、主役は「ラジウム温泉」なのです。
そして、ラジウム温泉での湯治を最大限に楽しんで頂けるように、
お宿も、スタッフも、お食事も、館内設備も、もう一度見直しをしております。
湯治 画像
そんな中で、やっぱりお食事は、
「健康の為に、バランスよく、しっかり食べれる」
「おいしいお米をたくさん食べれる」
感覚として「お料理」よりも、安心して食べれる「ごはん」をお出ししたい。
あくまで感覚、イメージです(笑)
 
温泉を最大現に楽しんでいただけるように、シンプルにシンプルに、磨いていきたいと思います^^
自在館でおしゃれなお料理は一切出てきませんので(笑)
それよりも、湯治と相性のよい、身体が元気になる、安心して食べれるごはんをお出ししていきます^^
 
 
 
 
 

年間500組 子宝祈願 お薬師様のお祭りがありました

 
おはようございます^^若旦那です。
昨日は栃尾又温泉を400年の間お守りくださっている、お薬師様の子宝祈願、健康祈願のお祭りがございました♫
もともとは、冬は営業しておりませんでしたので
11月7日〜8日  栃尾又から里に降りるお祭り
5月7日〜8日  栃尾又の宿を再開するお祭り
が起源でしたが、栃尾又で湯治すると子宝を授かる、健康になるという、お客様の噂が広まり、いつのまにか、子宝と健康の祈願祭になったということです。
お薬師様の壁には絵馬代わりにキューピー人形をお供えしていただいておりますが、ざっと数えても1000体くらいはあり、年間に1000組程お越しいただいております。
中には、お子さんを授かってのお礼参りや、お子さんの誕生日だからと、お泊まりいただくお客様もいらっしゃり、湯守としては嬉しいかぎりでございます。
近年は、親が子を殺めてしまう、子が親を殺めてしまうと、
なんとも悲しい事件がニュースに流れるこのご時世ですが、
どうか、沢山の幸せな子ども達で溢れることを願っております。
 
IMG_4418IMG_4412IMG_4409IMG_4405IMG_4407

8時間 入れてしまうんです 栃尾又のラジウム温泉は

こんばんわ、若旦那です^^
「栃尾又のラジウム温泉はどんな温泉ですか?」 と、お伺いされると、ほんとう〜に困ってしまいます(笑)
伝えたい魅力が多すぎて、ついつい、話してしまうんです。 でも、まず端的に申し上げるなら、これは絶対!
「8時間、いつのまにか「浸かってしまう」、そんな温泉です」と!
スクリーンショット 2014-11-07 0.03.45 初めてのお客様は必ず「・・・・・・!!」 と、いう反応をされますね(笑)
そうですよね、ふつう、お風呂に8時間、というか1時間も入ることはまずありませんので。 私はこの家に生まれましたので、温泉は2時間以上入るものだと思っていましたが、いろんな温泉回ってみて、違うということに気づきました(笑)
まあ、温泉行っても1時間お風呂に入っていない、なんてことはザラですからね。
ちなみに、天然のラジウム温泉が37度前後という長湯に適した温度で湧いているということは本当に奇跡です。
そして、この37度という温度は不感温度といいますが、人間が最もストレスを感じない温度なのだそうです。
学者の先生が仰っていました。 そういえば、お母さんのお腹の中にいるときもちょうどこのくらいの温度だそうですね^^
そんなこんなで、ラジウムの効果も魅力的ですが、この自然が作り出した37度という温度が可能にする長湯。 是非、これを温泉好きな皆様にたくさん体感しただきたいですね♫
それでは、明日も良い一日を♫