「疲れ」がとれない、と感じている方へ。シンプルすぎて忘れてしまっている大切なこと。

充実した人生を過ごすために「健康」であることは、大切な要素です。

健康だからこそ楽しめるものが沢山あります。

しかしながら、「疲れがとれないな〜」「ちょっと体の調子が悪いな〜」と感じている方は多くいらっしゃいます。

先日、「疲れ」という感覚についての記事を書きましたので合わせてご覧ください。

「疲れ」とは、体が私達に「メンテナンスが必要だよ!」と、教えてくれるサインです。私達は栄養素をエネルギーに変えて活動します。その際に、各栄養素は他の物質に化学変化していきます。それらを老廃物と呼び、私達の活動にとっては不要な物質として体内から排出されます。

「疲れ」を感じているときは、この老廃物が上手く排出されず、細胞達の活動の妨げになっている状態です。細胞達が、「おーい!老廃物、出てってないよ!新しい栄養素も届いてないよ!これじゃ動きにくいから、なんとかしてくださいよ。もう。」って、言っていることでしょう。

栄養素が供給されず、老廃物が排出されない、原因の一つが血液の巡りです。血液は体の一番大きなインフラ、道路のようなものです。いくら栄養満点の食事をしても、老廃物の排出を促進してくれるサプリを飲んだとしても、道路が渋滞していれば届けることができませんし、出口に向かうこともできません。

そして血液の巡りが悪くなる大きな要因の一つが、水分補給不足です。私自身もこれを知るまでは、「飲みたい時に飲めばいい」程度でしたが、自分に必要な水分量を知ってからは、だいぶ意識して水分を補充するようになりました。割と知られていないのが、飲んだ量に対して、私達の体からはかなりの水分量が蒸発していくこと。尿や、目に見える量の汗だけではなく、知らぬ間に沢山の水分が蒸発して体から出ていきます。

わたし達の体は摂取した水分との均衡を保つ機能が備わっており、ほぼ同じ量が体から出ていきます。当然、摂取量が少なければ体外には排出されません。※特別暑い夏のシーズンや、スポーツ時は別です※

ちなみに、厚生労働省が推奨する成人男性の一般的な1日に必要な水分量は2.5Lとされています。1Lは食事、1.2Lは飲料、0.3Lは体内で代謝時に生成される水だとされています。

最近は朝食を軽めに済まされる方が多いと聞きますので、そういう方は、飲み水として摂取する量をもう少し多めに設定する必要がありますね。

また、これもポイント。きっちりと●リットル飲む!と決めるすぎると、続きませんし、疲れますので、一度500mlのペットボトルを1日で2本とちょっと飲む。くらいの気持ちで目安にしていただくとちょうど良い気がします。私も旅館で「だいたいコップ何杯くらい飲む」と決めています。この「だいたい」がミソです。気合い入れすぎてもダメです。笑

水を飲む。なんて、普通も普通ですが、ちょっと気をつけると疲れの感じ方が変わるかもしれません。ぜひ、知識の一つとして、お見知り置きを。

「疲れ」ってなんだろう?

疲れた、だるい、しんどい・・・・・。私たちはなぜ、疲れた、と感じるのか?
「疲れ」って、なんだ?3分程度で、お話ししています。

「疲れ」とは何か?

「疲れ」とは、様々な活動により、肉体的、精神的に不快感を感じている状態のことです。

なぜ「疲れ」を感じるのか?

 私たちの体は、活動をするために体内の栄養素を元にエネルギーを作り出します。その際に、エネルギーを生み出し不要になった老廃物が体の働きの邪魔をするのです。この状態になると、私達の体は「疲れた」と感じ、体に異変を知らせてくれます。「疲れ」は身体が私たちに異変を知らせるために発せられるのです。

「疲れ」を感じさせる老廃物

・二酸化炭素、尿素、尿酸、クレアチニンなどの含窒素有機物、種々の有機酸、無機塩などなどたくさんあります。細かくあげればキリがありません。そして、まさにこれからも科学が進歩し、新しい発見がされていくことでしょう。最近では活性酸素による、酸化ストレスが、疲れに大きな影響を与えるとされています。

「疲れ」を取るために

・「疲れ」の感覚は体内の老廃物が排出されると共に、体に必要な栄養が補充されることで改善されます。栄養が補充され体の機能が正常に行われると、私たちは「気持ちが良いな」「調子が良いな」と感じるわけです。

「疲れ」を否定せず、上手に向き合う

 先ほども述べたように、「疲れ」は体が私たちに異常事態を知らせるサインです。「疲れ」を感じること事態はとても重要であり、必要なことなのです。楽しいことをしていると感じない。好きなことをしていれば疲れいない。と感じる方の書籍などもありますが、前述の「ワクワクしている」状態は、ある種の興奮状態であり、脳が異常事態を「感じずらい」状態です。実際そういった機能が私達の体には備わっています。スポーツをしているときや、感情が高揚している際に脳がだすドーパミンや、βエンドルフィンがそのような作用を体に与えます。例えが少し悪いですが、脳に錯覚を起こさせるという意味では麻薬も同じ。気分はよくなりますが、実際に体の状態はどんどんと悪くなっていきます。前述のドーパミンなどが脳内麻薬と言われる所以です。そういった脳の働きや、体の仕組みを、感覚と実際に起こっていることのズレを知らずに振り回されるのか、自分自身で自覚しうまく付き合っていくかが、ポイントです。「疲れ」事態は至極当たり前の人間の感覚であり、「疲れた」と感じることと上手に向き合うことが大切だと考えます。

「疲れ」をとるための、引き出しをたくさん持っておく

 「疲れ」は誰でも感じる、とても重要な感覚です。「疲れ」と上手に向き合うために、いろんな選択肢を知っておくことはとても大切。1つだけでなく、色々と知っておいた方が良いでしょう。飽きてしまったり、そのこと自体がストレスになっても本末転倒です。また、「疲れ」に対して異常に過敏になるのも禁物、ほどほどに、適当に、が「疲れ」と上手く向きあつ秘訣かもしれません。

温泉に入って、一休みして、お腹を空かせて、食べ始めたら箸が止まらず。ごはん3杯も食べてしまいました。ほどほどが良いとは頭で分かっていても、おかわりの手が止められません。206

2年ほど前にも宿泊させてもらいました。その時食べた料理がとてもおいしくて、「絶対にまた来よう」と思ってやっと来れました。温泉に入って、一休みして、お腹を空かせて食べ始めたら箸が止まらず。ごはん3杯も食べてしまいました。ほどほどが良いとは頭で分かっていても、おかわりの手が止められません。豚汁を白米だけで無限に食べられそうです。本当に美味しい料理ごちそうさまでした! photo by 栃尾又ラジウム温泉 自在館