自在館流 健康法 お茶編

おはようざいます。自在館の若旦那です。
自在館流というほどでもございませんが、せっかく山の湯治宿にお越しいただいたのですから、
たいして高級なものはお出しできませんが、地元の山の物を楽しんでいただきたいなと、いつも思っております。
 
そんなこんなで、いつもお出ししておりますのが、近くの山に自生しております、
「げんのしょうこ」と「どくだみ」のお茶でございます。
お越しいただいたお客様は無料でお飲みいただけます。
 
なんせ、山の中なものですから、そこら中に生えておりますので。
せっせともいできて、軒先で乾燥させ、そのまま煮出しております。
100%天然のお茶です。
もいできた ドクダミ
どくだみ 干してる
どくだみ茶 干してる
体に良いものを取り入れて、少しでも、良い湯治ができますように。
自在館はそんなことばっかり、考える旅館です。

魚沼から行く尾瀬、の季節です

こんにちは、自在館の若旦那です。
さて、夏もいよいよ本番ですね~
と、なると旅行も涼しいところを選びたいところ。
尚且つ、ちょっとハイキングするにも、涼しいところがいい。
 
はい、ありますよ、ありますとも!
 
自在館のある魚沼市から、日本有数の湿地帯「尾瀬」に行けます。
尾瀬へのルートは群馬から、福島から、栃木からと、たくさんありますが、
一番有名なのは、群馬からのルートでしょうか^^
魚沼から行く尾瀬

夏まっさかりの尾瀬
夏まっさかりの尾瀬

 
しかしながら、どのルートで行っても、素晴らしい世界が待っています。
旅の途中のその地の宿選びや、食事、お土産選びをする楽しみがあります。
 
魚沼地域から尾瀬に行く楽しみは、何と言っても、おいしい「ごはん」と「温泉」でしょう。
夏は夏野菜と、冬用につけてある山菜料理。
栃尾又のラジウム温泉が、旅の疲れを、芯からほぐしてくれます。
 
なんか、営業みたいになってしましました。笑
が、夏の尾瀬トレッキングは本当におススメです。
大自然の中で、おいしい空気を胸いっぱいに吸い込んで、山の世界を満喫していただきたい。
 
かくいう若旦那、一昨年から登山をはじめましたので、今年もばっちり、尾瀬にいこうと思います。
魚沼は、その他、霊峰と呼ばれる山々もたくさんあり、たっぷりと自然を楽しめます。
 
と、いうか、自然しかないのです。でも、それがいいのです。それがいい。
自然を楽しむ、そんな夏を、是非お楽しみください。