「たくさん寝たはずなのに・・・眠た気がしない」

こんにちは、若旦那です。

栃尾又温泉で湯治をされる方から多いお声の一つが

「こんなにぐっすり眠ったのは、どれくらいぶりだろう」

というお声。

 

ぐっすり眠れていない方、割と多いようですね。

 

では、なぜ多くの方が眠っているのに、「眠れていない」と感じるのでしょう。

 

質の良い睡眠は「副交感神経」を働かせること

 

実は、人間には二つの神経には2つのモードがあります。

「交感神経」と「副交感神経」です。

※詳細は過去ブログをご覧ください

 

眠れていないと感じている方は、この副交感神経がうまく働いていない。

もしくは、働く時間が短い場合が多いようです。

寝たのに眠い 疲れがとれない

 

これは皆さん覚えのある方がおいのではないかと思いますが、

 

・寝る直前までPCやスマホを操作している

 

これは、副交感神経が働き出すのを阻害しやすい傾向があります。

できれば、就寝1時間前には画面から離れゆっくりお風呂に入ったり、

暖かいミルクや、紅茶を飲んだり。

 

神経をおやすみモードに導いてあげてください。

この副交感神経、自分の意思ではどうにもなりませんので。

気合でもどうにもなりません。笑

 

休まる環境を作ってあげなければならないのです。

 

特にオススメは、ぬるめのお湯をお風呂に張り、30分以上ゆっくり入浴すること。

ラジウム温泉でなくても、ぬるいお湯に長く浸かることは、副交感神経を働かせてくれます。

 

シャワーだけで済ませてはもったいないのです。

ちょっと水道代はかさむかもしれませんが、気だるい毎日を送ることを考えれば安いものと思います。

 

健康のために生きるわけではありませんが、

幸せに生きるために、やはり体の健康状態には気を使いたいものですね。