お客様の声 74

何もない中で、低温のお湯にじっくり浸かることができて本当にリラックスできました。余計なアメニティや、豪華すぎてカロリーオーバーの食事もなく、エコで、皆にとって素晴らしい取り組みだと思いました。(お食事は、それでも十分すぎる量をいただきましたが、・・・)又伺いたいと思います。

優しいイラストをいただきありがとうございます。「何もない・・・」このお言葉が本当に嬉しく思います。何もない、何もしない、頭と心を空っぽにする。こういう時間が人間には必要だと強く思います。ですが、実際の生活ですと、なかなかに難しい。何かに追われ、又、何かをしなければいけない、と急かされる。。。。自分の心も体も、自分自身をほったらかしにする。そんな時間が大切だなと。是非、又湯治にいらしてくださいね。

自在館 若旦那 星宗兵

ストレスって・・・・なんだ?

こんにちは、若旦那の星です。今日はストレスについて。

ストレスって、なんだ?

「ストレスを感じる」「ストレスが溜まってるな」多くの人が感じたことのあることだと思います。

では、ストレスって、何ですか?

ストレスを詳しく説明してください。と、問われて、説明できる人はおそらく少ないと思います。案外知られていない、ストレスの正体。体の不調の大半がストレスが原因とされる現代社会。このストレスの正体を正しく認識することが、体の調子を整えることとても大切な役割を果たします。

ストレスの定義

ストレスの定義はカナダの生理学者ハンスさんが定めました。

「寒冷、外傷、疾病、精神的緊張などが原因になって、体内に起こる非特異的な防御反応」を、ストレスと呼びます。

 

ストレス=「外部からの刺激」+「それから体を守ろうとする働き」

もうちょっと。掘り下げます。

人間の体には外部からの刺激(ストレッサーと呼びます)から体内の機能を維持するための、ホメオスタシス(恒常性の維持)という機能が備わっています。恒常性とは体の機能を一定に保つ働きのことを指します。

外部からの刺激(ストレッサー)とは、温度、気圧や水圧、有害物質、病気、時間や対人関係による緊張のなどがあります。

ホメオスタシスとは、ストレッサーから体を守ろうとする働き。簡単な例としては、暑い、と感じたら汗を掻き体温を下げようとします。寒いと感じたら、汗腺を閉じ放熱を抑えたりします

そして、これらの作用を全てひっくるめて、「ストレス」または、「ストレス状態」「ストレス反応」と呼びます。

 

ストレスってなに?

 

ストレスを知り、ストレスと共に生きる

私達は、生きていくうえで、ストレスとは決して離れることはできません。全く感じないとしたら、もうそれは新人類でしょう。笑

したがって、私達はストレスの原因を知り、ストレスとの付き合い方を学ばなければなりません。身体的に直接影響を与えるものから、精神的なものまで、ストレッサーは世の中に満ち溢れています。自分自身の状態と、それらの要因を認知し、ストレス過多な状態になる前に、自分自身のメンテナンスをすることが重要だと考えます。

そして、面白いのは、このストレス、人によって感じ方が様々なのも、また面白いところ。Aさんにとっては、ものすごくストレスに感じるストレッサーも、Bさんにとっては全然平気、むしろ心地よい!なんてこともあるのですから。

認識の違い、考え方の違いで、体に対する反応が変わるというのです。人間って、面白いですよね。笑

次回は、ストレスについてパート2。ストレスと上手に付き合うために。

 

 

 

お客様の声 55

自在館にお世話になること10年以上になりました。温泉よし、スタッフよし!!言うことなし!!ですが、私の一番の楽しみは「湯治コース」の夕食です。ふだん自分で作るので、「今日の夕食は何かな〜」と、思いながらお風呂に入る幸せといったら、、、この日は頭からしっぽまで全て食べられる鮎の塩焼きもお願いしてリッチな夕食となりました。今回は5泊の幸せを味わっています。
いつも湯治コースの夕食(朝食もですが・・・)を楽しみに来ています。今回(3泊)の夕食も全ておいしくいただきましたが、特に美味しかったもの・・・・ベスト3にしてみました。 ベスト1:オクラと厚揚げのおかか和え ベスト2:粕汁 ベスト3:豚肉と焼きねぎのしょう油煮 魚沼産のコシヒカリの新米ごはんと具だくさんのみそ汁はいつも最高においしいです。ごちそうさまでした!

いつもご来館いただきありがとうございます。可愛い挿絵をいただいて大変嬉しく思っております。美味しい湯治食を目指してこれからもたくさん勉強してまいりますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね(^ ^)ランキングも参考にさせていただきます。いつも本当にありがとうございます。