ラジウム と ラドン の違い

・ラジウムとラドンの違いとは?

・ラジウムは金属、ラドンは気体

・ラジウムが2000年の長い時間をかけて徐々にラドンに変化していく

・物質壊変の際に、放射性物質をだすという点では、同じ

・体内に取り込みやすいのは気体である、ラドンです

・ちなみにラジウムの前はウランという鉱物

・ウランは200〜300億年の時間をかけてラジウムへと姿を変える

・栃尾又ラジウム温泉も、厳密にはウランやラジウムの層を通る過程でラドンを含む温泉になると言われています。

・なので、厳密に言えば栃尾又ラドン温泉ですが、ここは100年以上親しまれている名称で。特に厳密な定義があるわけでも無いのです。

という、お話でした。

ホルミシス効果って何?

自在館の現代湯治食のルーツのお話

・自在館の現代湯治食のルーツのお話

・昔は湯治というと1ヶ月から2ヶ月くらいしていた

・当時は自炊がメインだった。というか全員自炊だった。

・ご飯(白米)だけ「私は半合!」「ここの部屋は1合!」と注文を受けていた。

・ところがある時、宿の湯守が食べてる賄い飯を「ちょっと分けて」とお客さんから要望があった。

・しばらくすると「おかずを分けてもらえるらしい」と噂が広まった。

・気がつけば、自炊よりも賄いの方が楽で、美味しいからお客さんの殆どが賄いを分けてくれと注文をするようになった。

・これが自在館の湯治食の始まり

・賄いなので、基本的に地元の人が日々日常食べる、家庭料理 ・特別豪華なものではありません

・長期滞在をするお客様からすると、そういう食事の方がよかったのです ・毎日豪華絢爛、懐石料理食べていたら、カロリーオーバーで胃も疲れちゃいます

・そんな歴史を引き継ぎ、今では地元のお母様達が、現代湯治食とはなんぞや??という命題を日々研究しながら、お献立を考えています。

という、自在館の湯治食のルーツでした。

自在館の湯治食 お客様の声 ⬅︎クリック